ホーム
ごあいさつボタン
ごあいさつ
こうつう
とくていけんしん
おしらせ
おといあわせ
かいせつコーナー
屋根の上の風見バッタ
リンク
呼吸器疾患とくに気管支喘息などの気道アレルギーが専門です。
また、消化器、循環器、老年病など呼吸器以外の一般内科診療にも内視鏡検査を含めて対応いたします。
病気ではなく病人の診療を行います。




 当クリニックは院内処方で外来診療を行っています。
院内調剤では薬剤の種類、量に関係なく処方料420円と内服薬90円、外用薬があればプラス60円、それと処方した薬の薬価代金となり、保険の一部負担割合分を窓口でお支払い頂きます。
院外処方の場合は、処方箋を発行した医療機関で院外処方箋料680円。
調剤薬局で基本調剤料400円、後発医薬品を混ぜていれば50円〜190円、調剤料が1週間以内なら1剤1日分に50円(3剤5日なら450円)、2週間以内だと1剤1日分に40円(3剤14日なら1680円)、15日〜21日で1剤あたり710円、22日〜30日で1剤あたり810円、31日以上で1剤あたり890円。さらに薬剤服用歴管理指導料が月に1度410円。
外用薬は1剤につき100円(3剤まで) となります。
たとえば飲み方が3通りの異なる薬を計3種類4週間処方された場合、
院内:420円+90+650=1160円
院外:680円+810×3 +410円=3520円
これだけの違いが出ます。
同じ薬の処方を受けるにも院内処方と院外処方ではこれ程の違いがあることをお分かりいただけましたか。

 咳が止まらなくてお困りの方は相談下さい。
長引く咳にも特徴があり、それを知った上で検査と治療の選択をすればたいていの場合は解消します。
レントゲン検査、CTスキャン、アレルゲンや感染症の抗体検査など手当たり次第にやったところで、長引く咳の原因と特徴をよく知らなければ無駄な浪費にしかなりません。
2010年11月24日より水曜日は終日休診となりましたので、お間違いの無いように宜しくお願いいたします。

吸入ステロイドが喘息治療の根幹になっています。
現在は軽症間欠型という病型は無くなり、気管支喘息と診断された段階で定期的な吸入ステロイドの維持療法が推奨されています。
症状が一過性であっても、アレルギーの炎症による気管支壁の肥厚硬化が起こることが明らかになったためで、継続して続けることが大切です。

咳には気道過敏によるものと咳感受性の亢進によるものがあり、原因も治療法も異なります。正しい診断が行われないと咳が止まらないケースが生じます。


・医院名 中川クリニック
診療科目 内科・呼吸器科・アレルギー科
診療受付日時 月・火・木・金 9:00〜12:30、15:00〜18:00
土 9:00〜14:00
水、日・祝祭日 休診
診療予約 未対応
入院病床 なし
住所 広島県福山市西深津町6丁目13−5
電話・Fax

電話: 084-921-0300
FAX 084-928-5411

2007/01/31
特定健診に関して


Copyright(C)2008 NakagawaClinic. All rights reserved.